HOME アセンションプロジェクト 東関東について アセンションコンテンツ 〜愛と光と絆と自然〜 東関東の歴史・豆知識 千葉・茨城の 特産・名物・グルメ
おすすめ温泉 パワースポットin東関東 イベントのお知らせ リンク集 About Us





東関東の歴史

ー豆知識ー








総の国(ふさのくに)



総の国は、上総国・下総国・安房国から成り立っています。
その昔、神武天皇の側近であった天富命が、阿波の開拓を終えた後に
東国により良い土地を求め黒潮に乗って房総半島南端に上陸し、
その祖神である天太玉命を祀って安房の開拓を進め、
阿波の名を付けたことが現在に至る創始のようです。
阿波から持ってきた麻の房(ふさ)がこの地に満ちたことから、
半島全体を房(ふさ)の国と呼ぶようになりました。
この‘房’と言う字が同じ意味を持つ‘総’の字に置き換わり、
半島を「総の国」と呼ぶようになったそうです。








常陸国(ひたちのくに)




常陸国(ひたちのくに)は、別称を常州(じょうしゅう)といって、
領域は現在の茨城県の大部分に当たります。

茨城という名は、
一説に、賊を討つために茨の城(柵)を築いたことに由来していると言われています。
『常陸国風土記』には、「穴に住み人をおびやかす土賊を滅ぼすために
イバラを穴に仕掛け追い込んでイバラに身をかけさせた」とある。
また、『万葉集』にも、この故事にちなむ茨城(うばらき)という地名が歌われています。
これが、語源のようです。







Copyright (C) Ascension Project Higashi Kantou. All Rights Reserved.